本文へスキップ

千里川の散歩道 

撮影機材

大学生のときにCanon AE-1を購入してからCanonユーザーです。

はじめに

Camera

●Canon EOS-1D X (2013.3〜)
●Canon EOS5D MarkII (2009.2〜)
●Canon EOS-1D MarkIII (2007.6〜)
------------------------------------------------------------------
1000万画素時代となり、2007年にデジタル一眼レフに移行しました。1000万画素でもちゃんと撮影すれば、全紙程度のプリントに十分耐えることができます。高画素化=トリミングの自由度の拡大と考えています。
夜間撮影を目的にEOS-1DXを購入しましたが、お陰で、天候に左右されない夜の出撃が増えました。
まだ姿も形も見えていませんが、望遠専用として、F8での多点AFが可能となるであろうEOS7D MarkIIIや更なる高感度領域拡大を期待して、EOS-1D X MarkIIIに興味があります。
(2016.5.1) 

Lens(広角)

○SIGMA 15/2.8 Fisheye EX
○SIGMA 12-24/4.5-5.6 DG HSM
●EF16-35/2.8 L USM
●EF20-35/3.5-4.5 USM
●EF35/1.4 L USM
------------------------------------------------------------------
千里川土手にB747が飛来していた頃は、Fisheyeや12mmの画角が新鮮でしたが、今はちょっと広すぎるかなと感じています。EF16-35/2.8Lの使用頻度が多いものの、逆光時など、性能的には少し物足りない。今のf4のIS付きの方が気になっています。
Canonは、昔から広角系レンズは弱いと感じていますが、EOS5Ds/Rsのカタログに載るようなレンズは、間違いないと勝手に思っています。
(2016.5.1)

Lens(標準〜中望遠)

●EF28-70/2.8L USM
●EF50/1.4 USM
●EF70-200/2.8L USM
●EF85/1.8 USM
●EF100/2.8L Macro IS USM
●EF135/2 L USM
------------------------------------------------------------------
古いレンズですが、EF28-70/2.8Lには愛着があり、フルサイズのカメラに良く合います。同時期に購入したEF70-200/2.8L USMは、逆光性能に難があって、夕方から夜間を好む私には使いにくい。カメラ趣味のはじまり、標準レンズのEF50/1.4は、後継が気になります。EF100/2.8L Macro ISは、もう凄いとか言いようがない。ちょっとした旅行スナップに活躍します。EF85/1.8やEF135/2 Lは、お手軽機材としてスナップのみならず、飛行機撮影にも活躍しています。(2016.5.1)

Lens(望遠)


●EF100-400/4.5-5.6L IS II USM
●EF300/2.8 L IS II USM
●EF400/5.6L USM
●EF500/4.5L USM
●EF600/4 L IS II USM
●EF x1.4 III,EF x2 III
------------------------------------------------------------------
旧型のEF100-400/4.5-5.6L IIは、強い逆光があるときにゴーストが出ますが、旧型に比べると遙かに少なく、お勧め。その他のII型の大口径超望遠レンズは、評判どおりの高性能。x2のエクステンダーを付けても、画質の劣化を気にしなくてもいい。EF500/4.5LやEF400/5.6Lは、実は高性能で、昼間戦闘なら手軽でいい描写をします。(2017.6.21)

三脚/フィルター/清掃機材

●GITZO GT3541XLS 三脚,G1380 雲台
●マンフロット #055 三脚
●MONOSTAT RS16K ALL-ROUND 一脚
●SLIK Pro Mini III 三脚

●Zeta EX サーキュラーPL

●ハクバ レンズペン
●Fujin MarkU
●HCL デジタルクリーニングセット
------------------------------------------------------------------
大口径超望遠レンズを使った夜間撮影用にGITZO GT3541XLS 三脚,G1380 雲台を購入しました。この雲台はもう発売していないので、今はsachtler(ザハトラー)になるのかな。それまでは、マンフロット #055 三脚に自由雲台を組み合わせていました。
レンズ保護のためのプロテクターフィルターは、夜間撮影時にゴーストが発生する原因になるので、今はほとんど使っていませんが、青空にはPLフィルター(高透過率版)を使うことが多いです。勿論超望遠レンズ専用のドロップインPLフィルターも購入しています。
レンズの清掃は、レンズペンとブロアーがあれば十分です。機材の保管は風通しの良い、湿気のないところということで、部屋の片隅にむき出しで鎮座しています。(‥ゞ
デジタルカメラのセンサー清掃は悩みの種で、今は掃除機みたいなFujinが手軽で便利。油汚れみたいなときは、湿式のHCL デジタルクリーニングセットでクリーニングしています。サービスセンターに持参するのが、一番確実です。(2016.5.1)

PC/Soft/Printer

●パソコン工房 BTO カスタマイズ (2014.2〜)
 CPU  :Intel Core i7 4771(3.5GHz)
 メモリ :16GB(8GB×2)
 OS   :Windows 8.1(64bit)
 モニター:Mitsubishi Diamondcrysta RDT241WEX(BK)

●Adobe Lightroom 5.7 64-bit
●Adobe Photoshop Elements 12
●FS Viewer
●Digital Photo Professional
●JustSystems Homepage Builder 18
●ColorMunki Display

●CANON PIXUS MP640
●CANON PIXUS Pro9000
------------------------------------------------------------------
撮影は原則RAW+sJEPGで行い、sJPEGで撮影時の画像確認(FS Viewer)やお手軽用途に使います。RAWは、Lightroomで現像し、Photoshop Elementsで解像度を整え、このHPの画像として使っています。モニターはColorMunki Displayを使って色の調整を行っています。
写真用のプリンターとしてPIXUS Pro9000を使っていますが、ドライバーがWindows 10に対応していないのが悩みどころ。
PCは、OSのサポート期限満了にあわせ、できるだけ最新のCPUを積んで処理の高速化を図っています。PC起動用にSSDを使ったら、ものすごく快適になりました。(2016.5.1)