[HOME 千里川の散歩道]

- New Photo 2016.4.3 -


冬の黄昏
この冬はEOS7D MarkIIが大活躍。もう一歩高感度性能が上がれば言うことなしかな。今からMarkIIIに期待しています。(^O^)v
冬だというのに残照の茜色が北の山に広がる。大好きなアンニュイな時間を楽しむ。300mmが500mmのように使えるから嬉しい。APS-C復権の狼煙というべきカメラです。7D2は。使っていて、本当に楽しいカメラでした。(^O^)v

E170 JAL 2016.1.9 千里川土手

EOS7D MarkII EF300/2.8 L IS II,M 1/30 F3.2 ISO800,三脚
Lightroom 5

少しずつ山の街の灯りがともっていきます。夜の千里川の絶景、空港と街並みのイルミネーションがひこうきをもり立てます。ホント、さりげなくひこうきのライトアップなんてやってくれないかな。

E170 JAL 2016.1.9 千里川土手

EOS7D MarkII EF300/2.8 L IS II,M 1/20 F3.2 ISO800,三脚
Lightroom 5

高感度に関しては、渡し私の感覚としてはISO3200が限度と感じました。まあ、その先はEOS-1D Xがあるので、仕方が無いのですが、ちょっと前のEOS-1D MarkIII程度の能力がありましたで、ある意味ちょっとびっくりです。技術の進歩は凄いですね。

B737-800 ANA 2016.1.9 千里川土手

EOS7D MarkII EF300/2.8 L IS II,M 1/25 F2.8 ISO3200,三脚
Lightroom 5

IBXのCRJも-700型が増えてきました。数少ないリアジェットなので、大事に撮影しています。でも、機体は小さく着陸時の速度が結構早いので、なかなか上手く撮りにくい機体でもあります。今回は離陸に向かう機体ですが、滑走路の光が良い感じに流れてくれました。

CRJ IBX 2016.1.9 千里川土手

EOS7D MarkII EF300/2.8 L IS II,M 1/20 F2.8 ISO3200,三脚
Lightroom 5

かなり暗くなってきて、空の色もなくなりかけています。夜にひこうきを前から撮影すると、前照灯がやたら眩しくって、最新のレンズでもフレアの嵐になります。最近は少し暗めに撮影すれば、ちょっと緩和できることに気がつきました。試しながら撮影していますが、バランスが難しいです。ホントに。

B767-300 JAL 2016.1.9 千里川土手

EOS7D MarkII EF300/2.8 L IS II,M 1/25 F2.8 ISO3200,三脚
Lightroom 5