[HOME 千里川の散歩道]

- New Photo 2016.3.13 -


歳末の日々
ようやく2015年の年末の写真を公開します。この年末年始はEOS7D MarkIIの試し撮りで頑張ったお陰で、ちょっと最近はお疲れ気味。四方山話に書きましたが、ちょっと写真家の皆さんの有り難いお言葉をお聞きしてエネルギーを貰ったので、ちょっと頑張ろうかな。なんか春になってきて、ちょっと空が・・・になってきていますが。
EOS7D MarkIIを使うのならば、やっぱりやってみたかった1920mm画角の世界。寒い朝にも関わらず、遠目には空気が思いっきり圧縮されて、陽炎(カゲロウ)の山。それでも、なんか嬉しくて公開します。ピント合っているかどうかも分かりませんねぇ。

B787-8 ANA 2015.12.30 猪名川土手

EOS7D MarkII EF600/4 L IS II + 2xIII,M 1/125 F22 ISO800,三脚
Lightroom 5

本当は、上の写真よりも前に撮りました。等倍で、なんとか陽炎の影響が少ないカットを選びましたが、なかなか難しい。被写界深度を深めにしましたが、効果があったのかどうか、よく分かりません。機首に反射する朝日が綺麗。

B777-200 ANA 2015.12.30 猪名川土手

EOS7D MarkII EF600/4 L IS II + 2xIII,M 1/100 F22 ISO800,三脚
Lightroom 5

上の写真の夕方。良い具合に残照が赤く染まったので、離陸を待つE170を狙い撃ち。なんとなく山の中腹に建つマンションの灯りがいい。こうしたアンニュイな時間帯。大好きです。

E170 JAL 2015.12.30 千里川土手

EOS7D MarkII EF300/2.8 L IS II,M 1/15 F3.2 ISO800,三脚
Lightroom 5

いつもの千里川土手ショット。この空のグラデーションが毎回違うから、飽きもせず撮影しています。夜のとばりが降りていく、ブルーマジック。

B777-200 ANA 2015.12.30 千里川土手

EOS-1D X EF16-35/2.8 L,M 1/60 F8 ISO800
Lightroom 5

ちょっと「ごーよんご」を引っ張り出して撮影です。画角がフルサイズ換算800mm相当ですから、結構使えます。ISがなくたって、そこは昔ながらの高速シャッターでカバーします。B777だと少し画角が狭すぎのような気がしますが、なかなかのもの。小さく写っているのは、おそらくソラシドエアのB737-800でしょうか。

B777-200 ANA 2015.12.31 スワンホール

EOS7D MarkII EF500/4.5 L,M 1/1000 F5.6 ISO200,三脚
Lightroom 5

離陸直後のひねりが面白いけれども、ちょっと雲がない晴天で絵にならない。私のレパートリーとしては珍しい部類に入りますが、やっぱりもっと通わないといけません。梅雨の晴れ間が楽しそうですが、そんなに上手くいくかな。

B787-8 ANA 2015.12.31 スワンホール

EOS7D MarkII EF500/4.5 L,M 1/1600 F5.6 ISO200,三脚
Lightroom 5