[HOME 千里川の散歩道]

- New Photo 2016.3.6 -


日の出と日没後
EOS7D MarkII本体だけで使っているから、ちょっと大物レンズとのバランスが悪いけど、1D系に比べると軽くてちっちゃくて取り回しがいい。脚立の上に立っても楽に振り回せます。MarkIIIっていつ頃発売なんでしょ。今度は開放f8の絞りでも多点測距ができるようになると思われるので、いや期待感があります。高画素化は不要なので、もう1絞り分高感度性能が上がれば、きっと買うでしょうね。たぶん。
EOS7D MarkIIに100-400 IIを付けるとフルサイズ換算160-640になるから、これは素晴らしく便利。鬼に金棒ってこれのことかも。100-400も新しくなって性能が上がったから綺麗な写真が撮れます。これでフルサイズ換算160mmの画角です。

B777-200 ANA 2015.12.26 某所

EOS7D MarkII EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/800 F7.1 ISO100
Lightroom 5

朝イチB787が降りてきました。これを捉えに朝早くから起きて出てきましたが、なかなかALC(=衝突防止灯)をヒットできませんでした。100-400 IIにも残念な欠点があって、強い光源があると緑のスポット様のゴーストが出てきます。I型に比べると遙かにクリアなだけに目立ってしまう。前のはもっと酷かったけども、人間の欲は大きくなるだけですからねぇ。

B787-8 ANA 2015.12.26 某所

EOS7D MarkII EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/1250 F7.1 ISO200
Lightroom 5

手持ち640mmの成果。踏み台の上に立っているけど、全然苦にならない。ホント取り回しが楽です。160mm画角から一気に640mmの画角に移ることができるズームのありがたさを感じます。等倍で見るとサングラスをかけたパイロットがきっちり確認できます。太陽に向かってタキシングしている時は、きっと眩しかったでしょうね。

E170 JAL 2015.12.26 某所

EOS7D MarkII EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/640 F5.6 ISO400
Lightroom 5

中途半端な空でも、雲があるなら、雲の隙間があるなら絵になります。日が沈み空が蒼く写る時間帯。無理矢理撮った感がありますが、E170らしさが出る角度だと思っています。翼端のストロボライトが欲しかったですね。

E170 JAL 2015.12.27 千里川土手

EOS7D MarkII EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/400 F7.1 ISO1600
Lightroom 5

望遠レンズばかりで撮影した写真の中に、広角系の写真があるとほっとします。空がいいときは、やはり広角レンズが楽しい。この後、雲が広がって、本当の闇夜になっていったので、この後諦めて家路につきました。

B737-800 ANA 2015.12.27 千里川土手

EOS-1D X EF16-35/2.8 L,M 1/160 F8 ISO1600
Lightroom 5