[HOME 千里川の散歩道]

- New Photo 2016.1.17 -


日が暮れて
日が暮れて、やがて夜の帳が降りてきます。私がいつも撮影しているテーマですね。
これからは、ちょっと公開のスピードを上げます。何日か分の撮影から選んでいきますが、毎回同じようなテーマになりそうで、ちょっと悩ましいかな。(笑)
夕焼けに照らされた伊丹空港。今降りてきたJAL B737-800を追いかけるようにANAのB777が滑走路に向かいます。何回も同じカットを撮り続けていますが、飽きないでね。少し霞がかかった山際の夕焼け感というか、そんな時間が好きです。

B777-200 ANA 2015.8.23 千里川土手

EOS-1D MarkIII EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/400 F6.3 ISO200
Lightroom 5

今、丁度日が沈みつつあるところに、ひこうきが降りてきます。雲ひとつ無い空に眩しく落ちる夕日の姿。レンズの絞り羽の枚数に合わせた8筋の光が輝きます。

B737-800 ANA 2015.8.23 千里川土手

EOS5D MarkII EF35/1.4 L,M 1/400 F8 ISO200
Lightroom 5

離陸していくB777の勇姿。日が沈み暗くなった空を駆け上る。ホワイトハウスが崩れて青い世界への誘い。モノトーンの世界に光る赤いアンチコリジョンライト。良い塩梅に光ってくれました。

B777-200 JAL 2015.8.30 千里川土手

EOS-1D X EF600/4 L IS II + 1.4x III,M 1/10 F6.3 ISO800,三脚
Lightroom 5

エクステンダーを付けると、盛大に出てくるゴーストの山。普段はあっさりゴミ箱へ入れますが、眩しさを強調してくれているようで、これはと「作品群」として保管しました。最近こうした写真って見なくなりましたね。それだけレンズの性能とレタッチが進化しているのでしょうね。きっと。

B737-500 ANA 2015.8.30 千里川土手

EOS-1D X EF600/4 L IS II + 1.4x III,M 1/5 F5.6 ISO6400,三脚
Lightroom 5

雨が降っているって喜んで出かけた夜の伊丹スカイパーク。定番の機首ショットですが、いつしか雨が止んでいます。水たまりの光の反射が、華やかに色を添える光景は、ホント楽しいです。撮っているときはずぶ濡れ覚悟なんですが・・・。

CRJ JAL 2015.9.6 伊丹スカイパーク

EOS-1D X EF300/2.8 L IS II + 1.4x III,M 1/15 F4.5 ISO3200,三脚
Lightroom 5

伊丹スカイパークからの定番ショット。機体が止まりつつも、誘導路へと舵を取っていく。水たまりから水しぶきが立ち上がり、赤く光を反射する。なんとかストロボライトも同調してぬれた滑走路を照らす。左手にある、誘導路のセンターを示すライトが描く曲線が、良い仕事をしています。(^O^)v

B777-200 ANA 2015.9.6 伊丹スカイパーク

EOS-1D X EF300/2.8 L IS II + 1.4x III,M 1/6 F4.5 ISO3200,三脚
Lightroom 5