[HOME 千里川の散歩道]

- New Photo 2015.11.23 -


ある晴れた日の黄昏
今まで横1024ピクセルのモニターを考慮して、写真は横800ピクセルにしていました。もう時代は変わっているので、今回から写真を横1024ピクセルに拡大しました。やっぱり写真は大きい方がいいよね。
ここまで空が焼けるのは珍しい。ひこうきをひたすら待ってようやくやって来たB777。こういう時には、ひこうきがなかなか来ないもの。紅く染まる残照を見ながら、やきもきしていました。

B777-200 JAL 2015.07.25 千里川土手

EOS-1D MarkIII EF100-400/4.5-5.6 L IS,M 1/125 F6.3 ISO800
Lightroom 5

ひこうきがなかなか来ないので、残照が勢いがあるうちに撮影したのがこのカット。真ん中よりやや右手下、ゴミみたいな黒い点は、A滑走路を離陸した、おそらくはB737の勇姿。こういう風景が見られるから、ひこうき撮影って良いですね。

B737? ANA? 2015.07.25 千里川土手

EOS-1D MarkIII EF16-35/2.8L,M 1/125 F4.5 ISO800
Lightroom 5

残照の勢いは衰えていく。B777は大きな機体なので、EOS-1D MarkIIIに付けて焦点距離約45mmの標準域で狙います。日頃20mmだの24mmだの超広角域を使っていますので、たまには良いかなと選択しました。

B777-200 JAL 2015.07.25 千里川土手

EOS-1D MarkIII EF16-35/2.8L,M 1/50 F4 ISO800
Lightroom 5

この日は焦点距離1200mmで夜景に挑戦しましたが、千里川土手では、なかなか絵にし難いように感じています。もっと真後ろからの方がいいかもしれませんね。

B737-800 ANA 2015.07.25 千里川土手

EOS-1D X EF600/4 L IS II x2III ,M 1/15 F8 ISO6400
Lightroom 5

エクステンダーを抜いた焦点距離600mmの世界。広がりがでて、背景の街の灯も綺麗です。ひこうきを止めるのに精一杯で、構図としては、まだまだですが、色々考えてみたいですね。

B787-8 JAL 2015.07.25 千里川土手

EOS-1D X EF600/4 L IS II ,M 1/20 F4 ISO6400
Lightroom 5

ほぼ止まっている機体を1/6で押さえます。これぐらい明るく撮影するとエンジンから出る赤い排気(練炭)もきっちり写ります。写真的にはこのような明るさの方が綺麗かもしれませんね。まるで目に映らない世界ですが。

B737-800 ANA 2015.07.25 千里川土手

EOS-1D X EF600/4 L IS II ,M 1/6 F4 ISO6400
Lightroom 5