[HOME 千里川の散歩道]

- New Photo 2015.11.8 -


魅惑のひととき
日没前後。光が織りなす魅惑のページェント。
夕日に雲が輝く。と言っても、このとき夕日は厚い雲の中に隠れていた。夕日が見えなくても、太陽は雲を輝かせる。そこにひこうきが来れば、めでたく飛行機写真の出来上がり。

B777-200 JAL 2015.07.20 千里川土手

EOS-1D X EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/640 F6.3 ISO100
Lightroom 5

山と雲の隙間が茜色に染まる。こんな条件に巡り会うことができれば、素晴らしい夕日のページェントに遭遇できるかも。結構期待して夕日が雲の下から出てくるのを待ちます。

B737-800 ANA 2015.07.20 千里川土手

EOS-1D X EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/320 F6.3 ISO200
Lightroom 5

雲から夕日が覗きます。後は、夕日めがけてひこうきがやってくるのを、今か今かと待ちます。雲の上にも光の筋が伸びて、撮影タイミングが訪れます。背景をどの程度写真に収めるか。事前にズーミングしながら構図を決めます。

E170 JAL 2015.07.20 千里川土手

EOS-1D X EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/1600 F8 ISO200
Lightroom 5

このときの空のイメージはこんな感じ。望遠的な眼で見るだけでなく、一歩引いて広角的にも押さえていきます。広々とした19mmの画角で上に伸びる光の筋の全容が見えてきます。

B737-800 ANA 2015.07.20 千里川土手

EOS5D MarkII EF16-35/2.8 L,M 1/250 F8 ISO200
Lightroom 5

大きく夕日を撮りたい。日没しそうな夕日を捉えてみる。この写真から上の全容をイメージするのは難しい。これが写真のマジック。(^O^)v

E170 JAL 2015.07.20 千里川土手

EOS-1D X EF100-400/4.5-5.6 L IS II,M 1/500 F8 ISO200
Lightroom 5

やがて日は沈み、空が青く闇に包まれていく。こんな蒼の時間も楽しい。

B777-200 JAL 2015.07.20 千里川土手

EOS5D MarkII EF16-35/2.8 L,M 1/125 F8 ISO1600
Lightroom 5