[HOME 千里川の散歩道]

- New Photo 2015.4.5 -


豪華絢爛ACLの輝き
夜間撮影の定番、アンコリ(=ACL,衝突防止灯)点灯時のショットから選択しました。なかなか華やかでいいです。
ACLといえばB787が浮かぶ。この機種からLEDライトが定番になって、ライトが点灯している時間が長く、また明るくなったと思う。お陰で夜間撮影といえばアンコリ点灯というイメージが出来上がって、ひたすらシャッターを切るようになった。

B787-8 ANA 2015.1.31 伊丹スカイパーク

EOS-1D X EF300/4 L IS II,M 1/15 F4 ISO6400,三脚
Lightroom 5
B787のACLは、他の機種よりもかなり明るく、点灯したときの光芒の大きさが、明らかに大きい。また室内もLEDが使われており、青みがかった白色に写る。これに花を添えたのが、空港のサーチライト。あたかも機首から斜め上にライトが点灯しているように見える。

B787-8 ANA 2015.1.31 伊丹スカイパーク

EOS-1D X EF300/4 L IS II,M 1/10 F5 ISO6400,三脚
Lightroom 5

前輪にある前照灯のライトが青白く滑走路を照らす。これから離陸に向けてゆっくりと助走をはじめたところ。なかなか良いアングルで撮影できたと自画自賛です。

B787-8 ANA 2015.1.31 伊丹スカイパーク

EOS-1D X EF300/4 L IS II,M 1/13 F4.5 ISO6400,三脚
Lightroom 5
動きものを止めるのはちょっと難しいので、少しだけシャッタースピードを上げています。丁度背景の空港灯が上手く流れたところで止まってくれたので、いい絵になりました。B787に比べるとACLの勢いが違います。また、室内のライトも黄色く写っています。

B737-500 ANA 2015.1.31 伊丹スカイパーク

EOS-1D X EF300/4 L IS II,M 1/15 F3.2 ISO6400,三脚
Lightroom 5

これはACLが写っていませんが、一応翼端のストロボライトが当たっています。この写真のミソは、前照灯から出るビームライト。暗闇を引き裂く光の筋が印象的でした。(^-^)v

B737-500 ANA 2015.1.31 伊丹スカイパーク

EOS-1D X EF300/4 L IS II,M 1/13 F3.5 ISO6400,三脚
Lightroom 5